SceneBuilder 10で日本語が文字化けするのを直す Windows10

日本語の言語パックが原因なので単純に削除して英語にするというもの
ユーザ\AppData\Local\SceneBuilder\app\dist.jar
の拡張子を.zipに変更
zipのまま開く
com/oracle/javafx/scenebuilder/app/i18n/SceneBuilderApp_ja.properties を削除
自動的に保存されるのでしばらく待つ
これでEclipseから呼び出しても文字化けしない

Javaサーブレット開発をEclipseで環境設定する

Eclipse IDEのエディション

ダウンロードするEclipseはこれを選ぶ「Eclipse IDE for Java EE Developers」
ecli-1
WTP(Web Tools Platform)などのプラグインが最初から入っているのであとから追加するものが少なくて済む。

Tomcatのインストール

ダウンロード先URL:http://tomcat.apache.org/download-70.cgi

Eclipse color theme のカラーテーマ encoding

Eclipseにはカラーテーマが最初からは入っていないので、メニューのWindow > Preferences > General > Apperance > Color Theme からエディタのカラーテーマを選択することができるが出てこない。
なので、先に「HELP」→「Eclipse marketplace」を選択.
検索ボックスに「Eclipse Color Theme」といれてFind
プログラムを再起動したら、選べるようになった。

次にエンコードがwindowsの場合MS932になっていて勝手が悪いのでこれを
utf-8に変更する手順。

  1. window
  2. Preferences
  3. general
  4. Workspace

以上DSC_4147

servletNewProject

 

Eclipse でservletプロジェクトを新規作成する。

作成手順

  1. プロジェクトExprolerを右クリック
  2. jdk-2

  3. 「New」→「Project」→Web→Dynamic Web Project
  4. jdk-3
    jdk-5

EclipseでJava Servlet

 

Eclipse の 「Web, XML, and Java EE 及びエンタープライズ開発」に関するプラグインのインストール

インストール手順

  1. Eclipse の起動
  2. Help → Install New Software..

  3. jdk-1


    jdk-2

  4. Work with で –All Available Sites– 選択

  5. jdk-3

  6. Web, XML, and Java EE Developmentをチェックし,「次へ (Next)」をクリック

  7. jdk-5

  8. acceptをonにしてFinish

Hello Java Servlet,サーブレット

Xamppに入っているTomcatを起動して、javaサーブレットでMySQL DB業務システム作るまでの工程を書いていくつもり。

時代は変わっても業務システムならJavaは万能。・・だと思う。

とりあえずJava serblet環境構築

  1. Xamppは入っているという前提で・・
  2. Java SE Development Kit 7 Downloads

とりあえずこれをインストール。初期指定のままで問題ない。

    1. http://localhost:8080/ >→TomcatのWelcomeページ

表示されるようならTomcatは起動しているはず。Xamppのコンパネでは☓がついていても問題ない。

動作確認のソース index.jsp

 
  
<%@ page contentType="text/html;charset=UTF-8" %>
<html>
<head>
<title>Hello Tomcat</title>
</head>
<body>
<h1><%= "Hello Java Servlet()!!" %</h1>
<h2><%= "Hello Java サーブレット!!" %></h2>
</body>
</html>

ファイルの保存先はWindowsならこちら

C:\xampp\tomcat\webapps\examples

URL: http://localhost/examples/index.jsp

何事も無く表示された OK!

buy-1

java Swing awt Table内の数字をカンマ区切りにする

AWT-1

private void Comma(Object f, int r, int c, int h) {

String fs = f.toString();
if (fs.indexOf(“,”) == -1) { // 文字列fsにはカンマが含まれない。
Pattern p = Pattern.compile(“^[0-9]*$”); //判定するパターンを生成
Matcher m = p.matcher(fs);
if ( m.find() && fs.length()>3 ) { //数字だけでかつ3文字以上なら
new DataRenderer(fs,r, c,h); //カンマスタイルへ
}
} // 文字列fsにはカンマが含まれない。
}

boolean型を返すメソッド

JTextField Pssword;
public static void main(String[] args){

if(Serial()){
new DnSList();//trueならこのメソッドを実行
}else{
//何かの処理
}
}


private static boolean Serial(){
boolean s = false;

if(seri.equals("Password")){
s = true;
}

//処理の終わり
return s;
}

変数宣言

 

修飾子の最後はメンバ変数とメソッドの修飾子です。

メンバ変数の修飾子には「public」「protected」「private」「final」を指定できます。

メソッドにはこれらに加えて「abstract」を指定できます。

メンバ変数 public このメンバ変数はどこからでも参照できます。

protected このメンバ変数は同じパッケージか、このクラスを継承したクラスからしか参照できません。

省略 このメンバ変数は同じパッケージからしか参照できません。

private このメンバ変数は自分のクラス内からしか参照できません。

final このメンバ変数の値を初期値から変更することはできません。

メソッド public このメソッドはどこからでも参照できます。

protected このメソッドは同じパッケージか、このクラスを継承したクラスからしか参照できません。

省略 このメソッドは同じパッケージからしか参照できません。

private このメソッドは自分のクラス内からしか参照できません。

final このメソッドをオーバーライドすることはできません。

abstract このメソッドは抽象メソッドです。

メンバ変数にfinalをつけると、そのメンバ変数は初期値で指定した値から変更できなくなります。

つまり、finalをつけるとそのメンバ変数は定数となります。

staticはメソッドとメンバ変数につけることのできる修飾子です。

staticをつけたメソッドを「静的メソッド」、staticをつけたメンバ変数を「静的(メンバ)変数」といいます。

この「静的メソッド」「静的(メンバ)変数」はクラスをインスタンス化しなくても使用することができます。

構文は

クラス名.メソッド名();

クラス名.変数名;

//staticメソッド実行

StaticTest.showMessage();

他のファイルの変数参照

 //参照する変数の宣言

 CSVViewer kaito2Array; //(クラス名 変数名;)

 kaito2Array = new CSVViewer();//インスタンス化

Java他言語との違い

 

<

if(!文字列.equals(“”)){ System.out.println(mojiretsu]);//equalsメソッドの否定

部分一致かどうかを調べるには次のように記述します。

String s1 = “Stringクラスは文字列を表します。”;

String s4 = “クラス”;

if (s1.indexOf(s4) != -1) {

   // 部分一致です

}

else {

for (int i = 0; i < data.length; i++){

// ↑これが
// ↓こう書ける

for(String s : list) {
System.out.println(s);
}

int num = Integer.parseInt(b);  //intに変換

String b = Integer.toString(i);  //文字列に変換

String kinStr=String.valueOf(kari_kin);  //char型を Stringに変換

配列のダンプ

String[] arr = { “abc”, “def” };
System.out.println(Arrays.toString(arr));

‘ シングルクォートで囲むとchar型

“ はString型

IMG_3419