Linux, others

まずはダウンロードしてどこかに解凍。そこから/optフォルダとかにsudoで移動する。 そのご、チェンジオーナー。755 実行ファイルをWクリックで、起動しない場合はJDKを入れる必要がある sudo apt-get install libjpeg62 libwebkitgtk-1.0-0 git-core sudo add-apt-repository ppa:webupd8team/java sudo apt-get update sudo apt-get install ora

Linux

OSの自動更新が355MBあるというので行ったところ、再起動でUNEXPECTED INCONSISTENCY [FAILED] というメッセージが出ており、手動でファイルを修復しろとのこと 回復までの手順 1.管理者パスワードでログイン 2.mount コマンド 3./dev・・・on / type ext4(rw) までが修復対象のパーティション 4.fsck -t ext4 /dev/・・ (onの手前まで) 修復実行 Clear? でEnter 5.exitで再起動 ・・・・

Linux

エイリアス設定 linux版のxamppではhttpd.confに読み込んでいるファイルがたっぷりある。 本体ではなく「httpd-autoindex.conf」の中に以下を書く。 Alias /icons/ "/opt/lampp/icons/" のが終わったあとに Alias /ginji/ "/home/ginji/htdocs/" Alias /ginji "/home/ginji/htdocs/" Options Indexes FollowSymLinks Inc

Linux

ショートカットはシステム設定のキーボードか、CompizConfig 設定マネージャで変更できる。 Ctrl+Space 日本語(Mozic切り替え ) 日本語入力 Anthy のばあいは Ctrl+スペース Shift + Caps Lockアルファベットの入力を大文字にする/元に戻す 半角/全角英数入力と日本語入力を切り替える F6日本語入力中に押すとひらがなに変換する F7日本語入力中に押すとカタカナに変換する F8日本語入力中に押すと半角(カナ、英数)に変換する F

Linux, others

ウェブサイトとドメインから、サイトをセキュリティ保護するを選択 SSL証明書の追加 を選択 これらは全角を受け付けないので注意 証明書名----証明書の識別名ですので、好きな名前を入力 ・ビット数----通常は、1024か2048で設定 ・国-------Japanを選択。 ・州-------都道府県を入力。 ・都市------区市町村を入力。 ・組織(企業)名--組織名を入力。 ・ドメイン名---SSL接続時に使用するドメイン名を入力。 (https://abcded.jp

Linux

Windows XP(クライアント) ---- Linux(サーバ) の場合。   クライアントからドメイン指定で、LAN内のサーバに繋ごうとするとそんなドメインないよ的なことをいわれる。   Windows XP(クライアント)の設定。 \WINDOWS\system32\drivers\etc\hosts のファイルの一番下に、「IPアドレス    ドメイン名」の順番で書き込む。     デスクトップが起動しない :$ sta

Linux

IPアドレスを固定する システム→設定→ネットワーク接続→追加で・・・ 設定後は、「/etc/init.d/network restart」や、「service network restart」などで ネットワークの再起動を行い設定を反映をさせます。   Windows7からCentOS6.3をリモートデスクトップで操作する