WSLのドキュメントルートの場所

WSLのドキュメントルートの場所

Windows SubSystem for Linuxでのファイルアクセス
C:\Users\user\AppData\Local\Packages
\CanonicalGroupLimited.UbuntuonWindows_79rhkp1fndgsc\LocalState\rootfs\var\www\html

Windowsから作ったファイルはパーミッションが  —- となっているので
chmod 644 に変えるとブラウザでも開けるようになる
ただし,ファイルシステムが違うせいかWindowsで保存,編集したファイルの反映が行われない.
結局Cドライブ以下に移動するしか無いようだ

ichirotanaka

コメントは受け付けていません。