CMSいろいろ

// テーマ更新通知を非表示 remove_action( 'load-update-core.php', 'wp_update_themes' ); add_filter( 'pre_site_transient_update_themes', create_function( '$a', "return null;" ) );

security

Facebook のOAUTH認証がまた変わるらしい 3月には、以下の[有効なOAuthリダイレクトURI]フィールドに記載されていないURIからの呼び出しを無効化するセキュリティアップデートがアプリ設定に適用されます。 このアップデートはプラットフォームで見つかった悪意あるアクティビティに対応するためのものです。リダイレクトURIに新しい制限モードを追加することで、アプリやウェブサイトを保護できます。 詳しくはこちら
「リダイレクトURIに制限モード」をはいにする

security

access.log により moodle/calendar/set.php への不正規アクセスを確認 ユーザーエージェントは "MJ12bot" ipsetを利用することで、IPアドレスの集合を簡単に管理することができる。
iptables を実行しなくて済むので早速入れた。 # yum install ipset セットの作成 接続拒否IPの集合"BLACKLIST"を作成 # ipset create BLACKLIST hash:net プログラムフロー m

Linux

遮断したいIP 例 149.56.223.241を設定します # iptables -I INPUT -s 149.56.223.241 -j DROP # /etc/init.d/iptables save # /etc/init.d/iptables restart Firewall IPTABLE 操作 iptables -L -v -n 一覧が見れる iptables -L -v -n --line-numbers 行番号もでる num pk

PHP

<img src="http://sanzo.domain.jp/ze/wp-content/uploads/2017/09/torapist1-300x281.jpg" alt="" width="300" height="281" class="alignnone size-medium wp-image-36" /> ↑サイトURL を ショートコード化↓ <img src="[site]/wp-content/uploads/2017/09/torapist1-

MySQL

Specified key was too long; max key length is 767 bytes mail varchar(255) NOT NULL, kibobi date NOT NULL, KEY kibobi (kibobi(191)), UNIQUE KEY mail (mail(191)) とか長さを指定すればOK 日本語エンコードがutf8の場合はバイト数が少ないのでエラーは出ないが utf8mb4にすると大きくなるので警告が出るようになっ

WindowsServer

.htaccessを使った例 .htaccess 新規作成→ 認証をかけたい場所に置く [highlight_php] AuthUserFile D:/xampp/password AuthName "Digest Auth" AuthType Digest require valid-user [/highlight_php] httpd.conf の編集 以下の行を探す #LoadModule auth_digest_module modules/mod_a