Eclipseで公開鍵/秘密鍵の認証を使用するには、実際には非常に簡単です。

リモート・システム・エクスプローラ・プラグインがインストールされていることを確認してください。 Eclipseのこの機能は、SFTPを介して別のサーバーに接続してファイルを編集できるようにするものです。

インストールが完了したら、システム上に作成した秘密鍵をEclipseに認識させる必要があります。

「ウィンドウ」 – >「環境設定」に進み、SSH2を検索します。 次のようなボックスが表示されます。

“Add Private Key”ボタンをクリックし、追加したいシステム上の秘密鍵を探します。 ボタンをクリックし続けると、さらに秘密鍵を追加し続けることができます。

重要な点:パテでキーを作成した場合は、 OPENSSH 形式でエクスポートする必要があることを理解しておいてください。 EclipseはOpenSSHにあるプライベートキーのみを受け入れます。デフォルトのパテッティ.ppkフォーマットではありません! puttygenプログラムでは、Conversions – > Export OpenSSHです。

Eclipseに戻る – 終了したら、OKを押してから、 “Remote Systems”ビューに移動します。 右クリックし、新しい接続を言う。 SSHのみを選択:

 

次の画面で、サーバー情報を入力します。 作成したら、 “Sftp Files”オプションを右クリックし、 “Properties”をクリックします。 Subsystemでは、デフォルト以外のポートが必要な場合は、ポートを入力できます。

あなたはおそらく、特定のディレクトリに接続するときに開始したいと思うでしょう。 これを実行するには、Sftpファイルを右クリックし、新規を選択してからフィルタを選択します。

[フォルダ]ボックスに場所を入力します:

この点で、接続を試みる前にECLIPSEを再起動する必要があります!

新しいフィルタの場所を開くと、接続する必要があり、提供する必要のある資格情報を入力するように求められます。

 カラのままOK