MOODLE使い方

MOODLE使い方

何か編集するのであれば管理者でログインして「編集モードの開始」を押す。

1.階層イメージ

カテゴリ→ サブカテゴリ →コース →

2.何はともあれコースを作る

1) 管理者権限
(あるいはコース作成を許可されているユーザ権限) でログインしてください。
2)「サイト管理」の「コース」をクリックしてください。


>3.コースに教師として登録する

Home→コース選択→設定(ユーザ)→登録ユーザ→[ユーザを登録する]を押す

4.プロファイルの編集

Moodle には、ユーザ間でメッセージのやり取りをしたり、ブログを記述したりする SNS機能があります。

5.コースに学生を登録する



a,201301,jioro,tanaka,j-ytanaka@exaple.jp

▼サイト管理 → ユーザ → アカウント →ユーザをアップロードする

6.課題のインポート

新しいコースを作成したら、過去のコースから課題をインポートできる。
カテゴリ▶コース▶コース名選択▶管理▶インポート▶ ここでチェックは全部に付けたままにして次へ▶


7.小テスト ドラッグ&ドロップテキスト の作り方

[[1]] [[2]](配送日, 部署ID, 部署名, 配送先 ,部品ID, 数量)
[[3]]( 2016-8-30 500 研究開発部 川崎事業所 2346 50 )
2重の大かっこがドロップエリアの空欄になる

解答の選択肢は下に書く

穴埋め問題

    データベースへ接続して
    {1:SHORTANSWER:誤答#誤答へのフィードバック~=SQL#正答へのフィードバック~%50%クエリ#対応するフィードバック}
    文を実行することでデータベースを操作する。

    {1:SHORTANSWER:誤答#誤答へのフィードバック~=プリペアドステートメント#正答へのフィードバック~%50%プリペアド#対応するフィードバック}ではSQL文とパラメータ(ユーザーの入力値)を別々にDBへ渡すのでSQLインジェクションが防げる

    SQL文のパラメータ部分のところには値を入れずに:名前や?の文字を入れて開けておきます。この部分のことを{1:SHORTANSWER:誤答#誤答へのフィードバック~=プレースホルダ#正答へのフィードバック~%50%ぷれーすほるだ#対応するフィードバック}といい、後追いで値だけ変数にして{1:SHORTANSWER:誤答#誤答へのフィードバック~=バインド#正答へのフィードバック~%50%#対応するフィードバック}(結びつけ)してやります。

太平洋

コメントは受け付けていません。