has been blocked by CORS policy: No ‘Access-Control-Allow-Origin’ header is present on the requested resource.

「CORSポリシーによってブロックされています:要求されたリソースに「Access-Control-Allow-Origin」ヘッダーがありません。」
ヘッダーがないのはフロント側ではなく、サーバー側のこと

サーバー側のファイルの先頭にこれを書くだけでいい



<php
  header('Access-Control-Allow-Origin: *');

laravel非ログインならユーザー登録を出さない

管理画面用ならばデフォルトの逆なので、ログインユーザーのみが新規登録出来るようにする

[./app/Http/Middleware/RedirectIfAuthenticated.php]



foreach ($guards as $guard) {
    
    if($_SERVER['REQUEST_URI'] == '/register' ) {
        // 会員作成なら
        if (Auth::guard($guard)->check()) { 
            return $next($request);
        }else{
            //ログインしてなければリダイレクト
            return redirect(RouteServiceProvider::HOME);
        }
    }else{
        
        if (Auth::guard($guard)->check()) { 
            //ログイン中ならtrue
            return redirect(RouteServiceProvider::HOME);
        }
    }
}

WP_Query から投稿記事やらアイキャッチやらタグを取得


$the_query = new WP_Query($args);
  foreach($the_query->posts as $key=>$value){
    var_dump($value->ID, $value->post_date, $value->post_content);

   $thumb_id = get_post_thumbnail_id($postID);      // 指定した投稿のアイキャッチ画像の画像IDを取得
	$thumb_img = wp_get_attachment_image_src($thumb_id );
	$src = $thumb_img[0]; 


	$postID = get_the_ID();
			$fivesdrafts = $wpdb->get_results( 
				"SELECT name , slug
				FROM $wpdb->term_relationships
				LEFT JOIN $wpdb->term_taxonomy  USING (term_taxonomy_id)
				LEFT JOIN $wpdb->terms USING(term_id)
				WHERE object_id = $postID
				AND taxonomy = 'post_tag'"
			);
			 foreach ($fivesdrafts as $key => $val) {
				 $tag .= $val->slug . $val->name ; // スラッグ。タグ
			 }

Gitをインストール してpush

Gitをインストールする

centos7の場合ここ

  • コミットしたいディレクトリに移動してinitする

     		  
       Initialized empty Git repository in /path/to/already/.git/  
    
  • 新規ディレクトリなら,まずはセットアップ

  • 除外ディレクトリ → gitへpushuしない
    .gitignore の書き方。ファイル/ディレクトリの除外

  • github上で新規レポジトリを作成( リポジトリの名前は ディレクトリの名前にする)


    リモートリポジトリの追加

  • ローカルにリモートリポジトリの情報を追加
  • ステージする
  • コミットする
  • リポジトリが有るならこれでPush

    -f で強制

  • Git 新規ディレクトリにリモートから pullしたい

  • 新規ディレクトリなら,まずはセットアップ


    親ディレクトリまで移動

    ダウンロードしたい リポジトリ指定

    git pullリモートレポジトリとローカルレポジトリを同じ状態にする

  • 鍵認証(pushでパスワードを聞かれないよう)にする

    • ローカルの開発サーバーで鍵をつくる(名前は指定したほうがいい)
    • config ファイルの作成

                Host github github.com
                HostName github.com
                IdentityFile ~/.ssh/github_rsa
                User git 
              
    • 600にする

    • .gitconfig をつくって 600にする

        vi ~/.gitconfig 
         [user]
              name = アカウント
              email = メアド
      
         [url "github:"]
            InsteadOf = https://github.com/
            InsteadOf = git@github.com:
           
    • githubに移動し、マイページのpersonal settingsのSSH and GPG keysに入ります。
      New SSH keyをクリックし、さきほどコピーした公開鍵をペーストします。

    追跡済みのファイルを除外する方法

     # ファイルは消さずに、追跡だけ除外
     $ git rm --cached FILE_NAME
    

    Gitの一部のディレクトリだけ取得する方法

    次に marge request (githubで)

    他の人の開発分を取り込む
    git pull origin master

    直前コミットの取り消し。
    git reset HEAD

    CentOS7でプロンプトにブランチ名を表示したい

    ヤフオク自動キャンセル セットアップ

    フリーアプリのXAMPPをインストールしてください。
    バージョンは最新のものを選んでください。

    「はい」を選んでください

    「OK」を選んでください

    画像の通りに、必要ないアプリケーションのチェックを外してください。

    このまま「Next」をクリック

    チェックは外してから「Finish」をクリック

    フリーアプリのnode.jsをインストールしてください。
    バージョンは最新のものを選んでください。
    すべて次へをクリックして完了してください。

    C:¥xamppフォルダからhtdocsフォルダを削除してください。

    ダウンロードしたhtdocs.zipをWクリックして中身をすべてC:¥xamppフォルダへコピーしてください

    xam-permition.batを右クリックして管理者として実行してください。
    次にxamp-controll.exeをWクリックしてください。
    このアイコンをスタートメニューにピン留めをおすすめします。

    一番右上のConfigをクリック

    Apacheにチェックを入れてください。
    次回からStartを押さなくても起動するようになります。

    今回は一番上Apachのstartをクリック

    外部のPCからのアクセスを許可するか聞いてきますが、キャンセルしていいです。

    Startしたら Adminボタンを押してください。
    Chromeブラウザでアプリケーションが起動します。

    はじめにログイン状態を確認から、機動する別ウィンドウでヤフオクにログインしてください。

    このウィンドウは2分くらいで自動で閉じられます。