laravel非ログインならユーザー登録を出さない

管理画面用ならばデフォルトの逆なので、ログインユーザーのみが新規登録出来るようにする

[./app/Http/Middleware/RedirectIfAuthenticated.php]



foreach ($guards as $guard) {
    
    if($_SERVER['REQUEST_URI'] == '/register' ) {
        // 会員作成なら
        if (Auth::guard($guard)->check()) { 
            return $next($request);
        }else{
            //ログインしてなければリダイレクト
            return redirect(RouteServiceProvider::HOME);
        }
    }else{
        
        if (Auth::guard($guard)->check()) { 
            //ログイン中ならtrue
            return redirect(RouteServiceProvider::HOME);
        }
    }
}

WP_Query から投稿記事やらアイキャッチやらタグを取得


$the_query = new WP_Query($args);
  foreach($the_query->posts as $key=>$value){
    var_dump($value->ID, $value->post_date, $value->post_content);

   $thumb_id = get_post_thumbnail_id($postID);      // 指定した投稿のアイキャッチ画像の画像IDを取得
	$thumb_img = wp_get_attachment_image_src($thumb_id );
	$src = $thumb_img[0]; 


	$postID = get_the_ID();
			$fivesdrafts = $wpdb->get_results( 
				"SELECT name , slug
				FROM $wpdb->term_relationships
				LEFT JOIN $wpdb->term_taxonomy  USING (term_taxonomy_id)
				LEFT JOIN $wpdb->terms USING(term_id)
				WHERE object_id = $postID
				AND taxonomy = 'post_tag'"
			);
			 foreach ($fivesdrafts as $key => $val) {
				 $tag .= $val->slug . $val->name ; // スラッグ。タグ
			 }

Gitをインストール してpush

Gitをインストールする

centos7の場合ここ

  • コミットしたいディレクトリに移動してinitする

     		  
       Initialized empty Git repository in /path/to/already/.git/  
    
  • 新規ディレクトリなら,まずはセットアップ

  • 除外ディレクトリ → gitへpushuしない
    .gitignore の書き方。ファイル/ディレクトリの除外

  • github上で新規レポジトリを作成( リポジトリの名前は ディレクトリの名前にする)


    リモートリポジトリの追加

  • ローカルにリモートリポジトリの情報を追加
  • ステージする
  • コミットする
  • リポジトリが有るならこれでPush

    -f で強制

  • Git 新規ディレクトリにリモートから pullしたい

  • 新規ディレクトリなら,まずはセットアップ


    親ディレクトリまで移動

    ダウンロードしたい リポジトリ指定

    git pullリモートレポジトリとローカルレポジトリを同じ状態にする

  • 鍵認証(pushでパスワードを聞かれないよう)にする

    • ローカルの開発サーバーで鍵をつくる(名前は指定したほうがいい)
    • config ファイルの作成

                Host github github.com
                HostName github.com
                IdentityFile ~/.ssh/github_rsa
                User git 
              
    • 600にする

    • .gitconfig をつくって 600にする

        vi ~/.gitconfig 
         [user]
              name = アカウント
              email = メアド
      
         [url "github:"]
            InsteadOf = https://github.com/
            InsteadOf = git@github.com:
           
    • githubに移動し、マイページのpersonal settingsのSSH and GPG keysに入ります。
      New SSH keyをクリックし、さきほどコピーした公開鍵をペーストします。

    追跡済みのファイルを除外する方法

     # ファイルは消さずに、追跡だけ除外
     $ git rm --cached FILE_NAME
    

    Gitの一部のディレクトリだけ取得する方法

    次に marge request (githubで)

    他の人の開発分を取り込む
    git pull origin master

    直前コミットの取り消し。
    git reset HEAD

    CentOS7でプロンプトにブランチ名を表示したい

    mb_convert_kana 濁点の結合 かな、カタカナ混在

    
    
    
    $str = 'ぐボピ.png';
    $strs = mb_str_split($str);
    $strs = array_reverse($strs);
    $nextkey = -1;
    
    foreach ($strs as $key => $str) { //かな true
      if(preg_match("/^[ぁ-ん]+$/u",$str)){
        $kana = true;
      }else{
        $kana = false;
      } 
    
      if(preg_match("/゙|゚/",$str)){ //濁点なら保存
        $dakten = $str;
        $nextkey = ++$key;
        continue;
      }
      
      if($key == $nextkey){ //濁点なら次の文字の後ろに連結
        $str .= $dakten; 
      }
      
      $str = dakten_replace($str); //置換 濁点も一文字になってる
      
          
      if( $kana ) {  // 元が "かな" ならかなに戻す
        $str = mb_convert_kana($str, 'c', 'UTF-8');
      }
    
         $newstrs[] = $str ; 
    }
    
    $strs = array_reverse($newstrs);
    $str = implode('',$strs);
      var_dump($str);
    
      function dakten_replace ($str){
        $str = str_replace('゙','゛' ,$str); //全角濁点を半角に
        $str = str_replace('゚','゚' ,$str);
        $str = mb_convert_kana($str, 'hkV', 'UTF-8');
        $str = mb_convert_kana($str, 'HV', 'UTF-8');
        $str = mb_convert_kana($str, 'C', 'UTF-8');
        return $str;
      }
    
    
    

    string(13) “ぐボピ.png”
    $str = ‘ぐボピ.png’;
    比較しても見た目ではわからない。

    濁点はひらがなでもカタカナでもないが、かなとカタカナは等しい

    samba.conf 設定ファイルをincludeしてユーザーを追加する

    
    
    $ cd ~
    
    新規ファイルの作成
    $ vi akita_hanako_smb.conf
    
    i で編集モードにして 以下をペースト
    
    	#この下の行から
    	[share]
    	  comment = Share Folder for All Users
    	  path = /home/akita_hanako/
    	  browseable = no
    	  read only = no
    	#この上の行まで
    
    ESCキー → :wq 
    
    
    共通ファイルの編集
    $ sudo vi /etc/samba/smb.conf
    	
    # この一行を最終行へ貼り付ける	
    	include = /home/akita_hanako/akita_hanako_smb.conf
    
    ESCキー → :wq 
    
    これでsambaユーザーを作る
    $ sudo pdbedit -a akita_hanako
    パスワードを打つ x2
    
    
    sanbaの再起動実行
    $ sudo systemctl restart smb.service
    
    
    

    Notice: ob_end_flush(): failed to send buffer of zlib output compression (1) in /var/www/html/wp/wp-includes/functions.php on line 5107

    Notice: ob_end_flush(): failed to send buffer of zlib output compression (1) in /var/www/html/wp/wp-includes/functions.php on line 5107