Linux

Let's encriptの導入でcertbotの実行時エラーを返すようになったのでその解決法 # certbot certonly --webroot --webroot-path /var/www/html/ -d domain -m email@yahoo.co.jp An unexpected error occurred: The client lacks sufficient authorization :: Account creation on ACMEv1 is di

PHP

[highlight_php] date_default_timezone_set('America/Los_Angeles'); // 計算するので現地の時間でやる $usweek = ['Sunday'=>0,'Monday'=>1,'Tuesday'=>2,'Wednesday'=>3,'Thursday'=>4,'Friday'=>5,'Saturday'=>6]; $usmonth = ['Jan'=>1,'Feb'=>2,'Mar'=

PHP

[highlight_apacheconf] sudo vi /etc/httpd/conf.d/ssl.conf // ドキュメントルートを/var/www/laravel/publicへ変更 DocumentRoot "/var/www/laravel/public" <Directory "/var/www/laravel/public"> AllowOverride All # Options Indexes ←コイツが邪魔をして acces

security

Wordpressの定番アタックを阻止する wpインストールディレクトリの .htaccessへ追記する <Files ~ "(wp-cron|wp-login|xmlrpc)\.php$"> Order deny,allow Allow from xxx.xxx.xxx.xxx yyy.yyy.yyy.yyy Deny from all </Files> xxx yyy は許可するIP 自身のIPは200、不許可IPは403のステータスコード

security

ロードするたびにランダムに並び替えられます. 全てがまとまっていることでキーロガーで監視された端末でもセキュリティ強度が高まります

Linux

Failed authorization procedure. example.hopto.org (http-01): urn:ietf:params:acme:error:unauthorized :: The client lacks sufficient authorization :: Invalid response from 認証手順が失敗しました.クライアントの権限が足りない::無効な応答 Apacheのconfファイルで設定しているドキュメントルートとコマンドのドキュメントルートが

Linux

phpinfo() モジュールの保存場所を確認 extension_dir /usr/lib/php/20170718 ←ここ php 配置済みモジュールの確認 curl.so がなければインストール まずはアップデート インストール php 配置済みモジュールの確認 curl.so ← ある Apache再起動 phpinfo() で確認 cURL support enabled

PHP

Wordでふったルビをhtmlタグに変換するプラグインです 通常,Windowsでこれをエディタへ貼り付けると こうなります↓ 祗園(ぎおん)精舎(しょうじゃ)の鐘の声(こえ)、 諸行無常(しょぎょうむじょう)の響きあり。 娑羅双樹(さらそうじゅ)の花の色、 盛者必衰(じょうしゃひっすい)の理(ことわり)をあらは(わ)す。 おごれる人も久しからず、 唯(ただ)春(はる)の夜の夢のごとし。 たけき者も遂にはほろびぬ、 偏(ひとえ)に風の前の塵に同じ。 このプラグインを使うと一