SublimeText3 でリモートファイルを直接編集(っぽく操作)

プラグインの「SFTP」を使ってやります。インストール方法とかはこのサイトに書いているのではじめに入れておきましょう。
設定はここから

下線と赤枠のところを書き換える

リモートとローカルのファイルの整合性を取るため、どっちかやっておきます

編集したファイルをアップするショートカット

Ctrl+Alt+u →(のあと直ちに) f

やってられないので、キーバインドを[Ctrl+Alt+s]に変更します。

この一行をコピー

こっちに貼り付けます

サブフォルダのファイルもちゃんとリモートのサブフォルダに保存できます

別のフォルダを別のサーバーに繋ぐ設定も別ファイルに保存できます

今から作るのは別のサーバの設定

Powerpoint2016のデフォルトテンプレートを3:4にするには

パワーポイントのデフォルトの設定を変更します

  1. デザインメニュー辺りから3:4に
  2. ファイル→名前をつけて保存→ PowerPointテンプレート(potx)選択
  3. Nomal.potx とかにして保存 (場所は勝手にDocumentのOfficeテンプレートになる)
  4. スタート→パワポのショートカットを右クリ→ その他→ ファイルの場所を開く
  5. ショートカット本体を更に右クリ→ プロパティ→
    リンク先をにDocumentのOfficeテンプレートに作ったNomal.potxに変更する

設問4 [パフォーマンス検証]について

1融資案件当たりの案件ファイルの合計サイズは、最大500Mバイトである。
海外支店Xでは、業務の最繁時間帯の9:00〜10:00の間、100名の従業員が、1名当たり最大3件の共同融資業務を行っており、この業務スピードを維持する必要がある。

(1) パフォーマンス要件を満たすために必要な回線速度は何Mビット/秒か。
小数第1位を四捨五入して整数で答えよ。ここで、回線使用率は70%とする。
また、1Mバイト=10°バイト、1Mビット/秒=10°ビット/秒とし、制御データ及びエラーによる再送については、回線使用率の前提条件で考慮されているものとする。

式 : 500MB x 8 x 100 x 3 ÷ 3600 ÷ 0.7 = 476

Windows10 インストール報告 DELL NEC

1.レジストリがすっかり上書きされて初期化
→フォルダの設定など一般的なのは引き継がれる
2.AptanaStudio3が消える
3.スタートボタンの反応が悪い。クリックしても開かない時がある
4.新規で無線につなぐ時に共有するに「はい」を押さないとネットワークにつながらない。
5.外部モニタにもスタートボタンがある。背景画像が別々になっている
→タスクバーのプロパティで消せました。
6.IEが消えて edgeになった。アイコンはほぼ同じ
7.AntiMalwareServiceのCPU使用率が30%もある
→自動更新後に再起動したら0%になった
8.標準のIMEが再起動してもMicroSoftのまま。
→Google日本語入れなおしで解消

全体的にトラブルなく快調、動作や、速度に7との違いは感じられなかった。

ISOダウンロードはここからwindows10

デベロッパーツールでデバック chrome

デベロッパーツール

Sources]パネル

Sourcesパネルは、CSSやJavaScriptのコードをデバッグできる機能である

この例では、JavaScriptコードが開かれている。

  • 1ページのソースファイルを一覧表示するnavigatorを表示する。
  • 2ソースビュー。
  • 3サイドバー。
  • 4コード整形ボタン。

Chromeのデバッガーが他のブラウザーと比較して優れている点は、デバッグ機能が充実していることである。

Call Stackをさかのぼって、実行済みの呼び出し元をデバッグする機能

 まずはデバッグでブレイク(=停止)したときにスタックを逆回転できる機能だ。具体的には、停止したときにCall Stackグループには関数の呼び出し履歴が表示されているので、停止している関数よりも前の処理を右クリックして、表示されるコンテキストメニューから[Restart frame]をクリックする(次の画面を参照)。この手順により、呼び出し元にさかのぼってデバッグできる。

高度な条件付きブレイクポイント

 次に、ブレイクポイントについてはあえて説明は不要だと思うので、さらに高度な条件付きブレイクポイントの指定の仕方について、以下のスクリーンキャプチャ画像で説明しよう。

AptanaStudio3使えるショートカット

ショートカットキーを素早く確認するには、[Shift]+[Ctrl]+[L]で右下にポップアップ

 コマンド + d  1〜数行、削除する。
 コマンド + オプション + ↑  1〜数行、デュプリケートする。
 コマンド + /  コメントアウト
コマンド + K Ctrl + K  文字列の選択中::次を検索
それに一致する次の文字列を検索
コマンド(Ctrl) + = フォントサイズ拡大
コマンド(Ctrl) + – フォントサイズ縮小
 Ctrl + ↑  1行下/上にスクロール
 Ctrl + Alt + ↓  行をコピー
 Alt + ↑  行ごと移動
 trl+E  タブの即時切り替え
 Ctrl+Shift+P  括弧に対応する括弧を調べる
 Ctrl+Shift+S —  すべてを保管
Ctrl+Alt+Tab    スペースをタブに
Ctrl+Alt+L   小文字に変更
 Shift+End  行の末尾まで選択
   
   
   


文字コードを設定する
Edit > Set Encoding… > Other > UTF-8