PHP

var_dump( '~'=== '〜'); bool(false) var_dump( '〜'=== '〜'); bool(true) '/[~|〜|/]/' 正規表現で置換はできる模様

PHP

コンタクトフォーム サンキューページ これらのフックは2017年廃止予定となっているので使えなくなりました。on sent ok:, on submit: また、こちらの本家サイト

PHP

こんな感じの2次元配列がある pref_areas= array( "hokkaido" => array(1,"北海道"), "aomori" => array(2,"青森県"),..... array_column array_search array_slice key 青森県 で aomori を取得したい場合 、上の関数から順に使って var_dump(key(array_slice($pref_areas, array_search( '青森県',ar

CMSいろいろ

// テーマ更新通知を非表示 remove_action( 'load-update-core.php', 'wp_update_themes' ); add_filter( 'pre_site_transient_update_themes', create_function( '$a', "return null;" ) );

security

Facebook のOAUTH認証がまた変わるらしい 3月には、以下の[有効なOAuthリダイレクトURI]フィールドに記載されていないURIからの呼び出しを無効化するセキュリティアップデートがアプリ設定に適用されます。 このアップデートはプラットフォームで見つかった悪意あるアクティビティに対応するためのものです。リダイレクトURIに新しい制限モードを追加することで、アプリやウェブサイトを保護できます。 詳しくはこちら
「リダイレクトURIに制限モード」をはいにする

security

access.log により moodle/calendar/set.php への不正規アクセスを確認 ユーザーエージェントは "MJ12bot" ipsetを利用することで、IPアドレスの集合を簡単に管理することができる。
iptables を実行しなくて済むので早速入れた。 # yum install ipset セットの作成 接続拒否IPの集合"BLACKLIST"を作成 # ipset create BLACKLIST hash:net プログラムフロー m

Linux

遮断したいIP 例 149.56.223.241を設定します # iptables -I INPUT -s 149.56.223.241 -j DROP # /etc/init.d/iptables save # /etc/init.d/iptables restart Firewall IPTABLE 操作 iptables -L -v -n 一覧が見れる iptables -L -v -n --line-numbers 行番号もでる num pk