CMSいろいろ

remove_action('wp_head', 'print_emoji_detection_script', 7); remove_action('admin_print_scripts', 'print_emoji_detection_script'); remove_action('wp_print_styles', 'print_emoji_styles' ); remove_action('admin_print_styles', 'print_emoji_styles');

CMSいろいろ

define('WP_DEBUG', true); //phpデバックモード define('WP_POST_REVISIONS', 2); //リビジョンの制限 define('SAVEQUERIES', true); // SQLデバック define('SCRIPT_DEBUG', true); // javaスクリプトデバッグ define('CONCATENATE_SCRIPTS',false) // メディアライブラリが表示されない場合

PHP

$ sudo service mysql stop sudo vim /etc/init.d/mysql mysqld_safe で検索して、↓この行をコメントアウトし su - mysql -s /bin/bash -c "mysqld_safe > /dev/null &" その下に↓こう追加。 su - mysql -s /bin/bash -c "mysqld_safe --user=root --skip-grant-tables &am

MySQL

Ubuntu 18.04にMySQL 5.7をインストールして、rootパスワードを変更するところまで。 インストール aptでインストール 以前はインストール中にrootパスワードの入力画面が表示されていたと思いますが、 表示されなくなっていますね。 インストールした後、「mysql_secure_installation」を実行してrootの パスワードを設定していきます。 エラーが出る場合は下の記事を参照

CMSいろいろ

jQueryでattrして、setTimeoutで遅延実行 admin_print_footer_scripts でフック radioのchangeイベントで valueをcookieに保存 publish_postフックで wp_set_object_terms 関数を実行 function your_function() { echo '<script> //Cange_to_radio_button function to_radio_button(){

Linux

SSLはすでに対応済みが条件 # httpd -v Server version: Apache/2.4.39 yum -y install jansson-devel yum -y install libev-devel yum -y install c-ares-devel yum -y install centos-release-scl yum -y install devtoolset-7 scl enable devtoolset-7 bash cd /us

PHP

https://qiita.com/takepong/items/1b39a8096ac3db8012da Windows Subsystem for Linux を有効にする まず"Windowsの機能"というウィンドウを開きます。
1. スタートメニューの歯車アイコンをクリックして設定を開く

2. アプリをクリック

3. 左側のアプリと機能をクリック(既に選ばれている筈ですが念のため)
<